「兼六園+芸術文化の森」
加賀百万石の美をめぐるライブツアー

金沢旅行に行きたいけれど自粛で我慢しているみなさん。専門ガイドと一緒に今の兼六園を歩きませんか。
オンラインガイドでは、歴代藩主の願いが込められた園内の仕掛けや、周辺に点在する加賀百万石の芸術を訪ねます。
ただ歩くだけでは分からない兼六園の楽しみ方をぜひ一緒に体験してみませんか?

オンラインツアーでは、兼六園の散策だけではなく、生活工芸ミュージアムで金沢の伝統工芸にふれていただけます。
ガイドと一緒に金沢をお楽しみください。

ツアー概要

開催日時 2021年2月28日(日)9:30~11:00
所要時間 約90分
参加費用 無料
定員 5名
お申し込みはこちら

スケジュール

9:25

指定のミーテングルームに集合

9:30

ガイドの紹介とツアーの全体説明

  • 本日のガイド紹介
  • 参加時の注意事項について
  • ツアー行程について
9:35

兼六園オンラインツアースタート

  • (1)徽軫灯籠
    まずは兼六園の代表として有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)へ。
    日本の脚の長さが違うのは、過去に起きた歴史の秘密が。
  • (2)兼六園の名前の由来「六勝」とは
    兼六園の名前の由来について、実際の景色を見ながら解説します。(眺望台と辰巳用水)
  • (3)唐崎松と雪吊り
    兼六園の冬の風物詩「雪吊り」も、もうすぐ見納めです。みなさんは、雪吊りの作業を見たことはありますか?
  • (4)藩主の謎解きコーナー
    兼六園は美しいだけの庭園ではありません。歴代藩主が作庭に込めた秘密が隠れています。
10:00

いしかわ生活工芸ミュージアム

工芸王国といわれる石川県。36種類の伝統工芸を一堂に紹介するミュージアムが兼六園の一角にあります。
この日は、金澤仏壇の実演風景もレポート。兼六園ゆかりのお宝も展示されています。
10:30

梅林散策

全国から約20種200本の梅が集められた梅林。雪が溶けモノトーンの冬から春の到来を知らせてくれるかの ように梅の花が次々と咲きはじめます。
10:45

参加者からの質問タイム

10:55

オンラインツアー終了

ツアーイメージ

撮影イメージ01

兼六園の代表として有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)

撮影イメージ02

兼六園の名前の由来「六勝」の一つ「眺望」

撮影イメージ03

兼六園の冬の風物詩「雪吊り」

撮影イメージ04

歴代藩主が作庭に込めた秘密。あなたは分かりますか?

撮影イメージ05

36種類の伝統工芸を一堂に紹介するミュージアム

撮影イメージ06

全国から約20種200本の梅が集められた梅林

お申し込みはこちら

参加方法

オンラインツアーは、ビデオ会議用プラットフォーム「Zoom」を使用します。ご予約後、ツアー参加用のURLが記載されたメールが届きますので、ウェブブラウザまたはZoomアプリからご参加ください。
オンラインツアー開催日までに、システム要件をチェックし、お持ちのデバイスから参加可能であることをご確認ください。

Zoomはこちらからダウンロードできます。