兼六園観光協会とは

兼六園観光協会は特別名勝兼六園の内にある12店の茶店で組織されています。
明治7年(1874年)より、兼六園は金沢市民に開放されました。それに伴い、茶店は兼六園を訪れる方々のためのご休憩・お食事等の場所を提供し、また観光の案内役としての役割を担ってまいりました。
特別名勝兼六園で過ごすひとときを、より快適で、楽しいものにして頂くために、兼六園観光協会は様々な取り組みを行っております。
兼六園に茶店があってよかった、そう言って頂くことが出来ますよう、これからも励んで参ります。

当組合は兼六園の桂坂口料金所付近に「兼六園観光案内所」を設け、お客様のご希望に応じて以下の業務をしております。どうぞお気軽にお声をおかけください。

  • 兼六園・金沢城公園及び周辺の観光地・観光施設に関するご質問・ご相談を承ります。
  • 兼六園の専門ガイドによるご案内をいたします。

    ガイドは「兼六園めぐりガイド(個人・グループ向け)」と「団体ガイド(10名様以上の団体向け)」がございます。

    詳しくは「ガイドと楽しむ兼六園」をご覧ください。

※旅行会社の方は、先ずご契約の各施設へ 直接ガイドのお問い合わせをお願い致します。

観光案内所とロッカーの地図
兼六園観光協会案内所の外観

兼六園観光協会案内所

協同組合 兼六園観光協会 代表理事のご挨拶

明治時代初期に一般に開放されて以来、兼六園は金沢市民のみならず、日本全国から訪れる観光客の皆様にとって、加賀の歴史と文化を伝える大切な遺産でありました。今では近隣のアジア諸国や欧米からの来園者も少なくなく、日本が世界に誇る名園の素晴らしさを体験していただいております。
私たちは兼六園と歴史を共にする茶店として、これまでたくさんのお客様をお迎えしてきました。夏の暑い日差しや、雨や雪の日の傘として、また旅の途中の休憩所として、お客様のご旅行が少しでも楽しく思い出深いものになるよう努力してきました。そしてこれからも皆様に愛されるよう、また兼六園を訪れてみたいと思っていただけるように、力を合わせて行きたいと思います。
兼六園は季節によって全く違った表情を見せます。是非一度だけではなく何度でもお越し下さい。きっと兼六園の素晴らしさが体感できることと思います。またその際には、私たちの茶店をどうぞご利用下さい。
皆様のご来園を心よりお待ちしております。

協同組合 兼六園観光協会 代表理事 馬場 康行

お問い合わせ先

協同組合 兼六園観光協会

住所 〒920-0936 石川県金沢市兼六町1-25
電話・FAX(共通) 076-221-6453
受付時間:《3/1〜10/15》9:00〜17:00 《10/16〜2/末》9:00〜16:00

※メールでのお問い合わせは、「お問い合わせ」ページをご利用下さい。